LIAは2020年のアワードと
Creative LIAisonsの開催を中止

2021年に再開予定

LIA(ロンドン・インターナショナル・アワード)は、2020年のアワードとCreative LIAisonsの開催を中止すると発表しました。

Covid-19(新型コロナウィルス感染症)危機が収束したのち、2021年に再開する予定です。

「広告業界は現在苦境に立たされています。Covid-19に起因する経済の悪化で、この業界の皆様も大きな影響を受けることが予想され、全ては通常通りで何も問題はないと考えることは適切ではないと私共は考えます。幸い、2020LIAエントリー開始前のため、エントリー料金の返還の問題も発生しません。」LIAのプレジデントであるBarbara Levyは話します。

「私共も当然影響を受けます。ですが、多くの方々が苦しんでいる状況で、受賞作品について考えることさえ難しく感じます。」

2021年、LIAは通常通りのスケジュールでの再開を予定しています。素晴らしい作品を審査し、若い世代のクリエイティブの皆様に教育の機会を提供する、これまでどおりのLIAを開催する予定です。詳細については時期を見て発表いたします。

「業界の皆様からのご支援に深く感謝いたします。また、審査員及び審査委員長を快くお引受けくださり、2021年の再開を楽しみに待ってくださる皆様にも感謝の意を表したいと思います。開催を中止することがこのような状況下では正しい選択であり、本業界の利益になると考えております。この発表を行うことで私共の意図をご理解いただき、今後の対応について決めていただければと思っております。」とBarbaraは続けました。

「最後に、クライアントの皆様、友人、同僚、そのスタッフや家族の皆様が健康に安全に過ごせますよう、心よりお祈り申し上げます。」

Creative LIAisons

Creative LIAisonsには世界中から集った若いクリエイティブの皆さんが参加されます。Creative LIAisonsはラスベガスで行われる審査と同時に行われ、優秀な若いクリエイティブ達に学びの場を提供し刺激を受けてもらうことで、この業界の将来について議論してもらうことを目的としています。

才能溢れる若者のための教育イニシアチブ

Creative LIAisonsは業界へ還元する一つの方法としてLIAが行っているプログラムです。LIAの審査と同時開催されるこのプログラムには、世界各地の21歳から30歳までの参加者がラスベガスに招かれます。すべての旅費と宿泊費はLIAによって支払われます。

このプログラムでは、講演者による有意義なプレゼンテーション、受賞者決定の審議を参観できるというユニークな特権、そしてリラックスした環境において審査員や講演者と交流できる機会が提供されます。LIAによって資金提供され、Innocean Worldwideがスポンサーとなるため、参加料はかかりません。

「LIAは一見不可能に見えることを可能にしました。その年のベストな作品を祝福するための受賞式を執り行うよりも、未来の素晴らしい作品を制作するであろう人々に投資することで、LIAはまだ形になっていない作品を祝福しようとしているのです。魔法のような1週間の間、予算、タイムシート、クライアント、締切といった煩わしいことから解放され、クリエイティビティそのものに浸ることができるのです。それこそがインスピレーションではないでしょうか。」

Jess Andrews DigitasLBi アソシエイト・クリエイティブ・ディレクター
Samantha Bordignon DigitasLBi シニア・コピーライター

詳細についてはこちら

Why Enter LIA

Media Sponsors

Strategic Partners