Gorilla Doctors Young Creatives Competition
Gorilla Doctors 協同コンペティション

クリエイティブ・エクセレンスと若者のクリエイティビティ精神を永続させていくことを信条とする国際アワードショーであるLIAは、Gorilla Doctorsと協同でコンペティションを開催いたします。

THE TASK 課題
  • 寄贈者数を増やすため、Gorilla Doctorsの認知度と注目度を上げること。
WHO IS ELIGIBLE TO ENTER エントリー資格
  • 21歳から30歳までの個人またはチームによってコンセプト化され制作された作品にエントリー資格があります。
ENTERING エントリー
  • 出品料は必要ありません。
  • 複数の作品をエントリーできます。数に制限はありません。
  • エントリーは英語でお願いします。
  • Enter Gorilla Doctors からエントリーしてください。
  • Gorilla Doctorsは所有する画像とビデオクリップの使用を許可しますが、これらの所有権はGorilla Doctorsに残ります。
  • 画像やビデオクリップなどのアセットは、本コンペティションについてのみご使用いただけます。
    Download ログイン:GorillaDoctors パスワード:Rwanda2018
THE PRIZES 賞品

受賞した個人またはチーム(2名まで)が、Terra Incognito Ecotoursから提供される絶滅危惧種マウンテンゴリラの生息地ルワンダへの エコツアー を獲得します。一生に一度の忘れられない旅になるでしょう。さらに、2019年にラスベガスで行われる予定の Creative LIAisons プログラムへの参加チケットも授与されます。

ENTRY DEADLINE エントリー締切
  • 全てのエントリーは2018年7月31日までに完了させてください。
  • Gorilla Doctor’s Competitionについては、これが最終締切となります。
SUBMISSION MATERIALS 提出資料

オンライン、プリント、フィルム、バイラル、ノン・トラディショナル、またはアンビエントでエントリーできます。エントリーにはビジュアル・アセットを含めてください。

  • エントリーフォームには必ず、戦略とコンセプト/アイディアについて500字以内の明確な説明を含めるようにしてください。
  • MOV、MP4、またはJPEGでアップロードしてください。
  • エントリーしていただく作品を審査員が最も評価及び審査しやすい形式でエントリーしてください。
JUDGING 審査
  • 最終審査はラスベガスにて10月6日に行われます。
  • 審査員は、広告、フィルム、デジタル業界のリーダー、そしてGorilla Doctorsにより構成されます。加えて2018年度のLIA Creative LIAisons参加者が参加します。
  • 審査員による受賞作品の決定は最終的な決定となります。
  • 受賞作品はGorilla Doctorsにより委託され、LIAとGorilla Doctorsの監督の下プロの手により制作されます。
  • 新たな参加企業を募ることができるよう、スクリプトやアイディアを作成する際は制作コストや掲載に関わるコストについてもご考慮ください。
  • 受賞作品はGorilla Doctorsの所有となります。
BACKGROUND 背景

現在、マウンテンゴリラは地球上に880頭しか生息していません。生息地の喪失、密猟、そして病気が原因でマウンテンゴリラは特に絶滅の危機にあります。献身的な獣医グループである Gorilla Doctors による取り組みのおかげで、現在は生息数が増加しています。

WHO ARE GORILLA DOCTORS ? GORILLA DOCTORSとは?

ルワンダ、ウガンダ、そしてコンゴ民主共和国にまたがるゴリラの生息地域である熱帯雨林で活動する16名の獣医チームです。非営利団体のMountain Gorila Veterinary Project マウンテンゴリラ獣医プロジェクト(MGVP. Inc)とUC Davis Wildlife Health Centerによるサポートを受けています。

WHAT THEY DO 活動内容

ルワンダ、ウガンダ、コンゴ民主共和国に生息する野生のマウンテンゴリラ、そしてその近い親戚であるコンゴ民主共和国東部に生息するヒガシローランドゴリラに対し現場で獣医医療を提供している唯一の存在です。

Gorilla Doctorsの主なミッションは、ゴリラが安全かつ健康に生活し繁栄できるようにすることです。命を脅かすような怪我の治療や、人間との近すぎる接触が原因で罹患した病気の治療を行っています。

ヘルスケア、リサーチ、能力強化、情報共有、そして戦略的パートナーシップを組み合わせた「One Health」という総合的なアプローチ(森林の生態系をシェアするゴリラと人間の双方の健康に緊密な関係があるという考え方)を使って、Gorilla Doctorsはマウンテンゴリラとヒガシローランドゴリラの持続的な繁栄の可能性を向上させたいと願っています。獣医チームは定期的にゴリラを観察し病気や怪我の治療を行っています。また、密猟者によって親を亡くした子ゴリラの救出や手当も行っています。

WHY IS PROTECTING AND PRESERVING THESE GORILLAS SO IMPORTANT ? なぜゴリラを保護することが重要なのか?

Gorilla Doctorsは高品質の生物学的サンプルを数千程保管しています。これらアーカイブは世界中の研究者が利用することができます。ゴリラと人間のDNAが極めて似ているため、ゴリラについての研究は人間の健康にとっても重要なのです。病原体に対する感染しやすさがとても似ているため、病気が人間とゴリラの間を行ったり来たりする可能性があり、両者を比較することは病理学をより深く理解するために重要です。人間と野生動物の間で病原体を共有する生態学的かつ行動学的原因について研究者や医師がより深く理解することができれば、人間の健康と野生動物の個体数をより効果的に守ることが可能になります。

マウンテンゴリラの繁栄はゴリラのみに影響があるわけではありません。地元のコミュニティ、他の野生動物、そして彼らが共有する生態系にも好影響を与えるのです。マウンテンゴリラは、アフリカ大陸で最も人間が密集する地域に囲まれた保護地域に生息しています。これらの地域に住む住民は、主に1日1ドル以下で自給自足している農民からなります。

この地域にとって、マウンテンゴリラの観光業が大切な収入源なのです。実際、観光業による収入がルワンダにおける最大の外貨収入になっています。毎年、3万人以上が世界中から野生のマウンテンゴリラを見にやってきて、未だ1994年に起こった大量虐殺から復興途中であるこの国が切実に必要としている外貨を落として行っているのです。マウンテンゴリラの観光業によって得られる収入で公園が管理され、周辺地域に住む住民への公園内及び公園周辺での雇用を産み出しています。

この地域に生息するマウンテンゴリラは、大切な森林環境の破壊を効果的に阻止する保護と管理を得ています。そのことにより、周辺住民は年間通して綺麗な飲用水と農業水を得ることが可能となっています。雨季にはゴリラの生息地域である密集した熱帯雨林が雨水を吸収し、乾季に少しずつ放出しています。マウンテンゴリラの生息地が退化したり破壊されるようなことがあれば、「穀倉地帯」が破壊され、貧困と食糧難がより深刻化するでしょう。